アンケート実施中!

横浜線相模原駅北口に広がる15ヘクタールの土地。米陸軍相模総合補給廠の一部返還地です。

市では、この地区のまちづくりを進めるに当たって、アンケートを実施しています。

一つはWEBアンケート。チラシのQRコードを読み取ってアンケート画面へ。

もう一つはオープンハウス。チラシに掲載されている2会場で二日ずつ。

さらに、清新・小山・中央の3地区から無作為抽出により1,000人の住民に、ハガキでアンケートの案内があります。

少しでも多くの意見を届けましょう!

神奈川医療少年院跡地利用(5)

清新地区からの要望と法務省矯正局からの回答(その2)

「旧神奈川医療少年院跡地の活用について」清新地区まちづくり会議から法務省矯正局長への質問・要望(令和2年9月23日付け)

【要旨】7月9日の回答を受け、まちづくり会議で意見交換をした。前回の要望に対する回答には「整備ありき」の市政が感じられ、まちづくりへの貢献度の低いものと考える。研修施設か福利厚生施設等も考えられるところ。地域に理解される施設で、地域と共存できることが重要と考える。66年間少年の学びを見守り、励ましてきて、施設整備は“もういいでしょう”というのが地域住民の本心である。

1 刑法犯の認知件数は減少している (1) 東京矯正管区内における少年院の種類(第1種~第4種)ごとに、過去5年間の収容可能人数と収容人数 (2) 同管区内の少年院の設置、改築の年次 (3) 同管区内で、今後の廃止、移転、改築等の計画

2 清新地区・相模原市の発展にとって貴重な場所であり、少年院の整備は相応しない。 他の代替地を検討してほしい。市も検討について可能性は考えられるとしている。

3 当会議は一から再考してほしいと願っている。同時期に閉庁、移転した他の施設同様、所管を財務省に移してほしい。

4 市からも法務省に対し、跡地利用の方向性が固まる前に地域への説明等をしっかりと行い、地域住民の思いに耳を傾けてもらいたいと伝えてあると聞いている。しかし、事前の説明はなく、整備ありきの性急な動きは理解しがたい。この件について説明を求める。

 「旧神奈川医療少年院跡地の活用について」法務省矯正局総務課長からの回答(令和2年10月2日付け)

【要旨】今後の利用計画を説明している中で、地域の皆様から災害発生時の避難場所等の設置場所としての使用を要望する声があったことから、本年9月に市と当局の間で書面を取り交わし、防災上の協力体制を構築した。  再度要望をいただき、地域住民皆様の理解が必要であり、共存できることが重要であるとの考え、潤いと活力に満ちたまちづくりに対する思いを改めて拝受した。

1 東京矯正管区館内の少年院の現状等   収容人員等、設置・改築年次について別紙のとおり(注:写真参照)。今後の廃止、移転、改築等の計画は現時点ではない。ただし、収容状況等、在院者の効果的な社会復帰支援の実施等を総合的に勘案し、統廃合の検討を進めていく。

2 代替地の検討及び 3 財務省への所管換 少年院としての機能だけでなく、地域の防災拠点、飛行や家庭問題等のそうだ支援拠点、地域の小中学生の活動の場、地域のコミュニケーションの場等を併せ持つ施設の整備用地として法務省の行政財産として引き続き使用する予定である。

4 「事前に説明のない整備ありき」について 平成30年12月に企画財政局に少年矯正施設の充実を念頭に、跡地を引き続き法 務省で使用することを検討する旨を説明した。清新地区まちづくり会議には平成31年2月の同会議の場で、少年院を整備する要望を(省内で)行っている旨を説明した。令和2年1月には、中央区長等の職員、地元自治会関係者等に対し、多摩少年院の視察を実施、2月には本庁地域まちづくりセンターに対し、矯正教育を行う新たな施設の整備に係る具体的な検討に着手し、予算措置を求めていく方針について説明した。7月には自民党市議団が法務省を視察した際跡地利用の方針、地域の不安払しょく、地域における施設の利活用の方策等について説明した。地域の皆様に十分な情報提供ができなかったことに対してはお詫びする。今後の整備に当たっては、建物配置ありき、設計図ありきではなく、設計前の段階から地域の要望を丁寧に伺いながら、整備の在り方を検討していく。

神奈川医療少年院跡地利用(4)

清新地区からの要望と法務省矯正局からの回答(その1)

 清新まちづくり会議が、法務省矯正局長宛て「神奈川医療少年院跡地活用に関する要望書」を提出(令和2年4月22日付け)

【要旨】昭和28年の神奈川少年院開庁から平成31年の神奈川医療少年院(昭和53年に医療少年院に改組)の閉庁まで、地域住民は66年間少年たちを見守り、交流してきた。昭和28年当時雑木林だった施設周辺は、現在では小学校、中学校、商業施設等が立地する地域へと変ぼうしている。跡地は、交通至便な一等地であり、今後の市・地区の発展に欠くことのできない貴重な財産である。  平成31年1月10日の閉庁式及び同年2月20日のまちづくり会議においては、跡地の活用については「未定」、今後活用について動きがある場合には「情報提供をし、相談する」とのことだった。  まちづくり会議としては、この発言に違わない対応をお願いするとともに、跡地の活用について、つぎのように要望する。

 (1) 橋本駅・相模原駅周辺のまちづくりを見据え、当地の活性化・魅力アップにつながる少年院等以外の施設の設置  (2) 地域の付加価値を高める施設の設置 (3) 神奈川医療少年院と同時期に閉庁・移転した施設の跡地と同様、市等の公共的な土地利用が可能となるような財産処分  (4) 検討中の案件があれば提示

 「旧神奈川医療少年院跡地の活用について」法務省矯正局総務課長からの回答(令和2年7月9日付け)

【要旨】60余年の長きにわたり、在院者の改善更生、社会復帰に向け地域の皆様から温かい支援と協力を賜り感謝申し上げる。  非行少年が施設に収容されている間、社会から隔絶されたままの状況では円滑な社会復帰が困難である。収容されている少年も、かつての暴走行為や暴力行為を行う者は少なくなり、発達上の課題を抱える者、特殊詐欺の受け子として犯罪の全容を知らないまま関与してしまった者、虐待の被害者としての経験を有する者等が増えている状況である。再び非行に陥らないためには、保護者、保護司、篤志家等多くの方から切れ目のない支援をいただくことが重要である。そのためには、地域の方々の理解と良好な関係を礎としつつ、交通の利便性があり、誰もが訪れやすい環境が不可欠であり、同地が最適であるとの判断に至った。

1 要望内容に対する回答要旨  (1) 当地域の活性化・魅力アップにつながる、少年院以外の施設の設置 ・・・ 少年の再非行防止に向けた日本を代表する新たな施設を整備・運営していく予定 しており、国内外から多くの関係機関等の人が訪れることが想定される。これは当地域の活性化の一助になるのではないか。桜並木についても活用の仕方について、地域と相談しながら進めていきたい。さらに、職員・家族等200名前後が居住することが想定されるが、地域の各種活動に積極的に参加する。   (2) 地域の付加価値を高める施設の設置・・・ 収容施設では様々な教育活動が実施され、そのためのグラウンドや体育館等の建物が敷設される。レイアウトを工夫することによって、災害時に周辺地域の方々が利用できる避難場所とすることが可能となる。また、防災備品や非常食等を備えているだけでなく、非常用設備等の緊急運搬や心理専門家による災害に伴うPTSD等の支援態勢の構築も可能となる。よこはま法務少年支援センターのサテライト機関を設置し、地域援助として学校や家庭における非行問題、福祉施設等における問題行動、発達上の課題への対応等について、心理検査やカウンセリング等、センターと同様の体制を整備したい。  (3) 他の施設跡地と同様、公共的な土地利用が可能となるような財産処分 ・・・ 財産処分は予定しておらず、収容施設の機能と地域の発展を両立できるような施設整備を行っていきたい。

2 整備計画等   第1種少年院対象者(男子)120名を収容、令和3年度~設計、令和5年度~工事、令和7年度運営開始

神奈川医療少年院跡地利用(3)

神奈川医療少年院の沿革(『神奈川医療少年院の思い出 桜』より)

昭和24年9月  渋谷区において東京少年院(我が国初の医療少年院)が開庁。収容開始

昭和26年4月  東京医療少年院と改称

昭和28年4月 相模原市小山に神奈川少年院開庁。収容開始

昭和53年3月 神奈川少年院廃庁

昭和53年4月 神奈川少年院の跡地に東京医療少年院が神奈川医療少年院と解消され移転

昭和54年3月 新庁舎での収容開始

平成29年4月  国際法務総合センター(昭島市)への移転が決まる。

平成31年3月  神奈川医療少年院閉庁

※敷地内の「桜」は、昭和28年、神奈川医療少年院の開設に合わせ、職員の手によって植えられた。

※昭和58年4月 敷地約9ヘクタールのうち北側の約4.7ヘクタールを割愛し、市立小山小学校(約2.1ヘクタール)と小山公園(約2.6ヘクタール)を設置

※平成15年4月 小山公園の北側約1.8ヘクタールを割愛し、市立小山小学校を設置。小山公園は日本金属工業跡地に移設(告示面積3.1ヘクタール)し、割愛後の公園は小原公園(告示面積0.77ヘクタール)となる。

相模線沿いの桜並木

神奈川医療少年院跡地利用(2)

少年院とは(法務省矯正局作成『明日につなぐ 少年院のしおり』より)

家庭裁判所の決定により保護処分として送致された少年を収容する、法務省所管の施設です。  少年院では、在院者の特性に応じた適切な矯正教育その他の健全な育成に資する処遇を行うことにより、改善更生と円滑な社会復帰を図っています。  少年院は、おおむね12歳から20歳までの少年を収容しています。また、16歳未満の受刑者を収容することもあります。  少年院には、犯罪的傾向の進度や心身の著しい障害の有無などにより、第1種から第4種までの種類があります。

『明日につなぐ 少年院のしおり』より
神奈川医療少年院は、第3種ではなく、第1種・第2種に指定されていました。

神奈川医療少年院跡地利用(1)

概要(以降、文責はすべてはっとりです。)

 現在の清新地区の大きな課題、関心事である、神奈川医療少年院跡地の利用問題について、少しずつですが、これまでの経過などをお知らせしていきたいと思います。どのくらいのボリュームになるのか分かりませんし、情報の順番も一貫しないかもしれません。また、繰り返し同じことが何度も出てくるかもしれませんので、あしからず。

 概略を述べると、昭和28年から現在の小山4丁目に所在していた神奈川医療少年院(開庁当初は神奈川少年院)が、令和元年に昭島市の法務国際総合センター内に新設された東日本少年医療・教育センターに移転・統合されました。地元の清新地区としては、地域の活性化につながるような施設の設置を望んでいますが、法務省からは新たな少年院を設置する意向が示されています。

 清新地区では、神奈川医療少年院の移転・閉庁の情報を得てから(新たな少年院の設置が提示される前から)、まちづくり会議が中心となって平成30年度の清新地区まちづくり懇談会、令和元年度と2年度の清新地区まちづくりを考える懇談会「地域の未来を語ろうwith市長」の場において、この地の活用についてを議題として採り上げ、市と議論する傍ら、まちづくり会議として法務省に2度、市長に1度要望書を提出しています。

 私も、令和元年12月定例会議と令和2年9月定例会議の一般質問でこの問題を採り上げましたが、地区の意向に沿うような市の具体的な支援は得られそうもない状況です。国の計画が示された以上、なかなか少年院の設置自体を覆すことは難しい状況ですが、あきらめずに取り組んでいきたいと思っています。

歳末火災特別警戒

12月26日から31日まで、消防署・消防団による歳末火災特別警戒が行われます。慌しい年末は火の元の確認がおろそかになること、また空気が乾燥して火災が発生しやすいことから、警戒を実施して、安心して新年を迎えようというわけです。

例年、消防指令センターで市長に対し警戒態勢の報告後、六つの方面隊長の巡視が行われるのですが、今年は感染拡大防止の観点から規模が縮小されています。南区長時代は、南方面隊長の巡視に同行させていただき、昨年と一昨年は、緑が丘分署で見学させていただきましたが、今年は清新消防団の警戒出動を見送らせていただきました。

ローテーションで期間中毎日4〜5人の団員が、8時から9時半ごろまで車両で地区内を巡回します。警鐘を鳴らしながらとなりますので、気になる方もいらっしゃるかと思いますが、家の前を通るのはさほどの時間ではないでしょう。趣旨をご理解いただき、近くを通った時は一声かけてみてください。

この時期、消防団の警戒に加えて、自治会単位でも火災予防の巡回が行われることがあります。拍子木を打ちながらになると思いますが、こちらも併せて応援してください。

笑門来福xペインティングパフォーマンス

 中央商店街名物のイベントが、実行委員会によって2年ぶりに復活しました。「コロナに打ち勝とう!」をキャッチフレーズに、ローラーペイントアーティストのさとうたけしさんと画家の中林家寶さんによるパフォーマンスに加えて神楽・獅子舞を、商店街のマスコットキャラクターこけ丸が出前するというもの。寒空の下ではありましたが晴天に恵まれ、商店街エリアの6か所(1日3か所ずつ)で行われました。

 私は二日とも一か所ずつ見ましたが、さとうさんはローラーを使って北欧の風景を、中林さんは刷毛や手を使って龍を、それぞれ短時間の内に仕上げていました。

 コロナ禍の中、密を避ける工夫をして開催に踏み切った実行委員会、商店街の皆さんの努力に敬意を表します!

相模大野二題

① 「南区私のイチ押し写真」写真展(相模大野ギャラリー)

 9回目を迎えた南区役所主催の写真展です。七つの地区ごとに並べられています。地区ごとの個性や特徴が見事に捉えられています!今年は100点を超える応募があったそうですが、新型コロナウイルス感染症に配慮して、例年行われている講師(高橋ぎいちさん)の講評は行われません。講師が選んだ優秀作品は既に決定していますが、ギャラリーの投票による賞の決定はこれからです。ギャラリーでの展示は12月21日までですが、インスタグラムでは1月31日まで見られます。

② ステーションピアノ(相模大野駅南北自由通路)

 ようやく相模原でもストリートピアノが!12月25日までの期間限定企画です。これも南区役所の主催です。医療従事者など新型コロナウイルス感染症と闘う全ての人々に対する感謝の思いと一日も早い感染収束の願いを音色に込めて、希望する方に演奏してもらいたいとのこと。12時から5時まで、演奏時間は一人10分。当日受付ですが、YouTuberも何人か登場しているらしいですよ。使用しているピアノは、藤野中学校で使われていたグランドピアノです。隣にはすっかりおなじみの高さ12メートルのクリスマスツリーが。気分も高まりますね!職員の皆さん、寒い中お疲れさまです(コロナ対策のためということは分かりますが、ちょっと多い気も・・・)。ピアノの周りの飾り付けは、女子美術大学の学生さんによるもののほか、(公益社団法人)まち・みどり公社提供のシロタエギクだそうです。

 市役所最後の職場が南区役所だったせいか、南区の様子が気になりますし、写真展は自分の頃もやっていたので、思い入れもあります。伊勢丹の撤退、ホテルセンチュリーの宴会場の廃止など、元気がなくなりかけているのは残念です。

戦車闘争

物騒ですが、映画のタイトルです。また、私ぐらいより上の世代にとっては、ある意味懐かしい響きではないでしょうか。県内では「あつぎのえいがかんKiki」(12月30日まで)と「シネマ・ジャック&ベティ」(12月26日まで?)で上映されています。

1972(昭和47年)8月から11月にかけての約100日間に及ぶ、政党や過激派だけでなく一般市民や市役所職員なども参加した活動を、総勢54人もの当事者等の証言、新聞記事、映像等で構成したものです。誤解を恐れずに簡略化すると、ベトナム戦争で破損した戦車・兵員輸送車を相模総合補給廠(当時は相模補給廠だったか横浜技術工廠?(YEDと呼んでいた記憶があります)だったか)で修理し、横浜のノースドックからまた送り返すのを阻止しよう(ベトナム戦争に加担しない)という運動でした。反対していた側だけでなく、機動隊員、地元商店街の店主や運送会社の運転手などの証言も入っています。個人的に知っている人も何人か出演⁉︎していました。闘争の詳しい内容は各自お調べいただきたいと思いますが、車両制限令の重量オーバーを盾に取って戦闘車両の運搬をストップさせていたのを、米軍車両は適用除外とする改正がされて、闘争はあっさり終了してしまったのでした。

なぜこの映画を観たのか。私は当時15歳、高校一年生で、相模原市民吹奏楽団の練習に参加していた(おそらく)ある土曜日の夜のこと、市役所の向かいにある体育館の中の会議室にいたのですが、西門の方面が騒然としていた記憶があります。また、小学校の鼓笛隊時代にはこの基地で行われていた盆踊り大会で演奏したことや、市役所では渉外課で基地対策に携わっていたことなども含めて、比較的基地との縁が深い気がしているためです。

相模総合補給廠は、旧日本陸軍相模造兵廠を戦後米軍が接収して使用してきましたが、平成26年に17ヘクタールが国に返還され(過去にも一部返還された部分はあります)、市ではまちづくりに活用するよう検討中ですが、今なお約196ヘクタール余りもの面積を有しています。このうち35ヘクタールを共同使用できることになりましたが、市では10ヘクタールを利用して公園整備を段階的に行っています。去る11月14日からその一部が供用開始となり、市民の憩いの場となっています。

どうでもいいことですが、「ごぼう抜き」の新しい(むしろ本来のイメージか?)意味を知りました。駅伝などでは、順位の下の選手が、先を走る他チームの選手を何人も追い抜いて順位を上げる意味で使っていると思います。抜きにくいものを抜く、という意味では同じかもしれませんが、座り込みんでいるデモの人間一人につき機動隊員が二人がかりで両側から脇を抱えてエイヤっ!と座り込みの塊の中から引き抜くのです。これを称してごぼう抜き、というわけです。納得。