みどりいっぱい

曇り空の下、さがみ夢大通り商店会のイベント「花のまちづくり みどりいっぱい運動」に参加しました。

延長は400メートルほどでしょうか、JR横浜線相模原駅南口から国道16号まで一直線に伸びる道路「相模夢大通り」(県道相模原停車場線)の歩道に置かれたフラワーポットに、花の苗を植えていきます。

参加者は近隣の自治会、子ども会のメンバーなどで約30人といったところでしょうか。中央区役所からも区長を始め職員がお手伝いに来ていました。作業はアッという間に完了です。

参加者は小さな札にメッセージを書き込んでポットに立てています。もし通りかかる機会があったらぜひ見てください。春秋、年に2回実施しているそうです。


防災訓練

清新5丁目自治会の防災訓練を見学させていただきました。参加者は約80人。少年野球チームのメンバーもいました。関心の高さが窺えます。

消防署、消防団、防災協会の指導、協力により、3班に分かれて順次起震車体験、消化器訓練、煙体験をしたほか、自治会員による炊き出しも行われました。

一人暮らしの高齢者や障がい者など、災害時の避難に援護を要する人達の安否確認も行われました。対象者は自治会員とのことですが、「共助」の態勢が整うことで、自治会の加入促進につながる可能性もありますね。

このような訓練を繰り返し行うことが、いざという時の迅速で安全な行動につながり、被害を最小限にとどめる減災につながるのだと思います。