開会会議に向けて 2

ちょっと長くなりそうです。

5日間に及んだ議会運営協議会も本日無事終了しました。何をやっていたのかというと、座長の選出、協議会正副委員長の互選、令和元年定例会の開会会議・会期、開会会議の運営等々です。盛りだくさんですね。

座長は最年長委員です(私ではありませんよ!笑)。正副委員長は、構成人数の多い順で、自民が委員長ポスト、市民が副委員長のポストで決まりです。ここでは年齢ではなく期数(早い話が当選回数)がモノをいいます。

開会会議は前に書いたとおり5月17日で、20日も開かれます。定例会全体の会期は12月20日までと決まりました。この間に、6月、9月、12月の定例会議や特別委員会を開きます。

次は、議席決め。議場には52席ありますが、議員数は46なので6席が空くことになります。この空席をどこにするか、会派の陣形をどう整えるか、早くも綱引が…。この案件に限らず要望なり意見が食い違っている時は「休憩」となり、その間に会派内、会派間の調整が行われます。要するに、会派に持ち帰って了解を取らないと、出席している委員の一存で一度出した意見を変更することはできない、ということですね。

どのように決まったかは、当日のお楽しみ(笑)。

次は、正副議長、常任委員会のポストなど議会の役職です。正副議長については、副議長の希望が重複しました。慣例の指名推選(選の字は誤字ではありません)でなく選挙にしようという意見も含めて、「休憩いたします」。議会から2名出す監査委員も希望が重複。常任委員会は、総務、民生、環境経済、建設と市民文教の5つですが、委員会の正副委員長も(当然)希望に重複がありました。これも数次の休憩を経て割り振りが決定。

次は、特別委員会の設置です。前期は6つの委員会がありました。これも調整を重ねて、最終的に基地対策特別委員会、大都市制度に関する特別委員会、新しいまちづくりに関する特別委員会、防災特別委員会と少子高齢化・人口減少社会に関する特別委員会の5つに落ち着きました。常任委員会と特別委員会の定数も決定です。人数に偏りが出ないようにするのも一苦労なんですよ(もちろん新人の私が出る幕など全くありませんが)。

議会運営委員会の定数と正副委員長ポストは、現在行われているこの協議会と同じです。

あぁ長い長い(笑)

他に都市計画審議会や総合計画審議会などの附属機関の委員についても次々と決定しました。

会派へのポストと人数の割り振りが決まったところでようやく人選に入ります。会派ごとに議員の当てはめを行い、その結果を持ち寄って最終確認をして協議終了という流れになります。17日の 本会議で正式に決定です。

我が会派では、議長は選挙、他は新人の希望をなるべく尊重する形で、三役(団長、副団長と幹事長)が調整し、決定しました。

では、結果をお楽しみに!長々とお付き合いいただきありがとうございました。

市民若葉まつり

例年は4月の第一土日に行われる市民まつりは、統一地方選挙の年は5月にずれ込み、名称も若葉まつりとなります。

11・12の両日で、約40万人の人出があります。市民まつり、鯉のぼり、大凧と、年度明け早々から相模原市内はイベントの連続!安・近・短の典型だと思いつつ、相模原市民は子どもからお年寄りまで、それなりにシアワセです(笑)。このあとも、一年中どこかの地区でイベントをやっていますよ!

私はと言えば、土曜日は保護司会の啓発活動(今は啓蒙とは言いませんね)でヒマワリの種(ポケットティッシュ付き)配りをし、日曜日は消防団ラッパ隊でパレードに参加して、それなりに(2回目だ)充実したお祭りとなりました。2日間とも好天に恵まれてラッキーでした。

開会会議に向けて

本日、本村市長名で、市議会定例会の招集がありました。5月17日です。

議会ではこれを開会会議と位置付けて、早速各会派の代表者による代表者会議を行い、開会会議の運営を協議するための議会運営協議会を設置することになりました。メンバー(委員)は11人と決まり、自民4、市民3、公明2、共産と颯爽各1が割り当てられました。

これを受けて我が会派の会議が開かれ、諸条件により私も委員として協議に加わることになりました。明後日から会議が始まります。

ちなみに各会派の正式名称と人数は、次のとおりです。

自民:自由民主党相模原市議団 16名

市民:市民・民主クラブ 13名

公明:公明党相模原市議団 8名

共産:日本共産党相模原市議団 4名

颯爽:颯爽の会 3名

会派に入らなかった無所属議員2名は、議会運営協議会にはオブザーバー参加とのことです。

相模の大凧まつり

連休イベント第2弾は、南区新磯地区の、江戸時代から続くと言われる大凧まつりです。日本一の大きさを誇る大凧は、八間(約14.4メートル)四方(128畳)、約950キログラムにもなるそうです。

今日は開会式から2時頃まで見ていましたが、川面を吹き渡る南風も弱く、残念ながらその間には揚がりませんでした(というよりチャレンジもできなかったのだと思いますが)。

JR相模線の下溝駅と相武台下駅の間の相模川河川敷2キロメートルにわたる4か所で、四つの地域のそれぞれの凧を揚げます。いくつもの凧が揚がる様はなかなかの壮観ですよ。

明日は揚がりますように。そして事故のないように。

改元

時代は令和に。地元神社の改元記念の御朱印をいただいてきました。昭和をほぼ32年、平成を31年生きてきました。令和も30年くらい生きるのでしょうか。

明治、昭和、令和。共に3拍3音節だけれど、アクセント的には明治と令和は有核型で頭高型、昭和は強いて言えば無核型でしょうか。

議員総会

かなりの悪天候でしたが。

受付で議会局の職員から議員記章(職員は徽章でした。字による違いは?)を着けてもらい、市役所ロビーで修学旅行よろしく集合写真の撮影後、総会が行われました。地方自治法にも市条例にも位置付けのない非公式行事のようです。

期別年齢順(新人議員では最年長だぁ)に座って、最年長議員が座長となって進行します。議員の自己紹介と議会局職員の紹介、事務連絡で終了。総会と言いつつ決定事項はなし(笑)。

その後会派の総会。こちらは、名称を引き続き自由民主党相模原市議団とすることや団長、副団長と幹事長を決定しました。来週から本格的に活動開始となります。気を引き締めていきます。

泳げ鯉のぼり相模川

30年くらい前に始まったこのイベント。今日が初日で、開会式の様子を見ようと約25年ぶりに訪れました。議員の任期は明日からなので、今日は完全オフモードです。誰に会ってもすぐに正体がバレないのがいい(笑)

芝桜まつりが行われた場所の近くでは今週末に大凧まつりも開かれます。八間四方の日本一の大きさを誇る凧が大空に舞う姿も素晴らしいですよ。ぜひ一度ご覧になってください。

約1000匹が風にそよぐ姿はなかなかのものです。始めた頃は先進的なイベントでしたが、最近はあちこちで見られるようになりましたね。ここよりは下流ですが、同じ相模川の河川敷土手で行われた芝桜まつりもそうです。最盛期には1400メートルにもわたって壮観でしたが、やはり最近ではもっと大規模に見られるところが多くなりました。

相模線桜並木保存実行委員会

小山小学校区の5自治会の有志が、月一回、桜並木の周辺の清掃活動や芝桜の植栽などを行っています。私も、自治会長時代からなるべく参加しようとしてきました。

今日は、年度始めということもあってか、お子さん連れやご夫婦なども含めて20名近くの参加がありました。

市のアダプト制度を利用して、若干の活動費を得ているほか、隣接する公園に器具庫を置いています。またゴミは市が回収します。

美化活動として表彰もされただけでなく、小学校の生徒に植栽を体験してもらうなど、会員の士気も上がります。また、近隣自治会員同士のコミュニケーションの場としての役割も果たしています。

今は芝桜とツツジ(サツキ?)が見ごろで、これからはアジサイが咲き誇ります。市道ですが、歩行者、自転車のみ通行可能なので、散歩やジョギング、中学校の部活のトレーニングにも活用されています。一度訪れてみてはいかがでしょう。

湯山副市長退庁

早すぎる!平成29(2017)年10月1日の就任だから、まだ一年半しか経っていないのに。連休前の最後の平日、見送りました。

市長が代わったので予想された事態とはいえ、22日に市長が就任してすぐに辞表?これは職員にもかなりショックを与えたのではないでしょうか。

梅沢副市長も5月末で任期が終わるので、(情勢からいって再任はほぼないでしょうから)5月の開会会議(以前は臨時会と言っていました)で副市長2名の選任議案が出るということでしょうか。あるいは補充は一名で、3名体制から2名体制に変更するのかしらん。

いきなり人事で対立、ということにもなりかねない状況です。

清新公民館リニューアルオープン

昭和56(1981)年に開館した清新公民館が、昨年6月からの改修工事を終えて、新しい姿をお披露目しました。まだ議員としての任期前ですが、お誘いをいただき式典に出席しました。

式典には、任期最終日の加山市長も来賓として出席されていました。市長の地元、清新地区での行事が最後の公務(?)となったのならば、それはそれで良かったと思います。

最近の傾向か、太陽光発電システムを備えたり、コミュニティ室を別棟にしたり、和室を無くしたり(和室として使いたい場合は半畳ほどの畳マットを敷く)、段差を無くしたり、といった内容です。

残念ながら、隣接する小学校の敷地内に設置する予定の駐車場増設工事は、一部市民の反対で中断しており、建物との同時オープンとはなりませんでした。

公民館勤務の経験者としては、生涯発達が可能と言われる中、生涯学習で心豊かな生活を送るとともに、学んだことを地域課題の解決に役立てていただきたい(逆の言い方をするなら、地域課題を採り上げて欲しい)と思います。個人的には、都市内分権の拠点として、まちづくりセンターとの機能的統合が望ましい、と考えています。