おかえり はやぶさ2

厳密にはカプセルだけですが……。

約6年をかけて小惑星リュウグウを探査してきた探査機はやぶさ2がカプセルを切り離し、無事回収されました。市民会館では、カプセルが大気圏に突入する時間帯にパプリックビューイングが行われ、約350人が参加しました。

劇場版(90分)も上映中ですが、なぜか市内では上映されていません。私は、調布で観ました。市立博物館で上映しているのは、短縮版(45分)です。例えば、映画検索サイトを調べても、博物館は上映館のリストに載っていないのです!しかも上映終了予定は12月10日です。フルバージョンを市内でも上映するよう市に働きかけたいと思います。

地区防災訓練

清新地区連合自主防災隊が、地区内の3会場で防災訓練を行いました。コロナ禍を考慮して、一般参加はなく、清新小学校、清新中学校、小山小学校の各避難所運営協議会メンバーを中心に、校長先生も交えて避難所運営訓練が行われました。

参加者は、受付において新型コロナウイルス感染者(避難所では受け入れられない)、体調不良者などの振り分けを行ったり、体育館の中で内閣府作成の避難所運営ポイントの動画を視聴したり、居住スペースの組み立てを行ったりと、実践的な内容の訓練に真剣に取り組んでいました。炊き出し訓練や消火器訓練、起震車体験などは行われませんでした。

検温など受付に時間がかかり避難者のイライラが募る、居住スペースの間隔を空けることにより受入れ人数が減る、避難場所を増やしたことにより運営スタッフが足りなくなる、など、課題は多々あります。みんなの知恵と工夫で対応していかなければなりません。

みんなで進めよう地域福祉

市役所で進めている「出前講座」を活用して、清新地区社会福祉協議会主催の福祉講座が清新公民館で行われました。参加者は、自治会長、福祉部長など約30名。コロナ禍を考慮し、一般参加は募りませんでした。

講師は市地域包括ケア推進課の若手職員で、①地域共生社会とは ②国の動向 ③本市における地域共生社会の実現に向けた取組 について約70分の講話でした。

地域共生社会とは、支え手・受け手という関係を越えて多様な主体が「我が事」として参画し、世代や分野を越えて「丸ごと」つながることによって、一人ひとりの暮らしと生きがい、地域をともに創っていく社会を目指すもの、だそうです。自助、共助の名を借りて、いろいろなことが地域に下りてくるのはいいけれど、担い手不足は否めません。

美化活動

清新地区の美化活動に参加しました。最寄りの南橋本ふれあい広場です。例年は2回ありますが、初夏の美化活動は新型コロナウイルス感染症の影響で中止になりました。今回は役員さんのみの参加ということです。また、清掃会場も数を絞ったそうで、普段は別会場担当の自治会の方々も参加していて、新たな交流も生まれていました。

芸術の秋 二題

ベタなタイトルですが……

① 自治会法人南橋本自治会の2020みなはしフェスタ展示会。マスク着用、検温、入場者数制限ありと対策もバッチリ。ステイホーム中に製作された絵画、手芸、陶芸などの作品の展示や、新型コロナウイルス感染症の影響で活動を自粛している少年野球、お囃子連などの映像が紹介されていました。昨年はステージ部門もあり、私もトランペット演奏で参加させていただきましたが、今年は展示会のみとなり参加は見送りました。

② 第8回清新公民館まつり作品展示会。公民館まつりも今年は作品展示のみでした。朝のラジオ体操でお世話になっている指導者や参加者の方々も絵画を出展されていました。多才ぶりに敬服です。

芝桜の植栽

神奈川医療少年院跡地(法務省の行政財産。小山4丁目)の相模線沿いにある桜並木の下で、芝桜の植栽をしました。

2019年4月28日の投稿で紹介した相模線桜並木保存実行委員会の皆さんなど14人が参加しました。その中には6人の法務省職員の姿も含まれていました。来年3月から5月まで人々の目を楽しませてくれることでしょう。

山崎弁栄展

前期:9月19日〜10月18日 後期:10月20日〜11月15日

相模原市立博物館で、博物館開館25周年記念・山崎弁栄上人没後百周年記念として『無量光寺文書・山崎弁栄遺墨展を開催中です。

この企画には、私が所属しているさがみはらフィルハーモニー管弦楽団の団員が関わっています。今年が弁栄上人の没後百年ということで、一昨年に博物館に企画を持ち込んだのです。それを博物館の学芸員が真摯に受け止めてくれて、内容を発展させて実現したものです。話をつないだ者として、我がことのように喜んでいます。

上人は、無量光寺の法主(ほっす)であった時に光明学園を創設されたことから、今回は個人や団体蔵の資料だけでなく、無量光寺と光明学園蔵の資料も豊富に展示されています。ぜひご覧ください。

花盛り

清新3丁目、国道16号沿いの「よろずや」さんの前の植栽帯をご覧ください。

サン・ドリームさんが、国土交通省(相武国道事務所八王子出張所)、相模原市(道路部道路計画課)と協定を結んで手入れをしています。花の苗は、公益財団法人相模原市まちみどり公社の提供です。

今回のモチーフは「三角形」だそうです。